犬の歯周病の治療法と治療期間

この記事をシェアする

口臭が気になる、歯茎から出血がある、歯の表面が茶色く変色している・・・愛犬の歯周病に気が付いた時は一日も早く適切な処置を施してあげましょう。

犬にも人間同様に歯周病という病気があります。

歯周病は日々口内で進行し、処置が遅れると想像以上に深刻な問題を引き起こす怖い病気です。

一見元気一杯に暮らしているように見える愛犬も実は辛い口内の痛みに耐えていることもあります。

異変は早期発見、早期治療が第一です。

もし愛犬が歯周病の治療法は?費用は?

歯周病にも初期から重度まで様々な段階があります。

発見が早く、家庭でのケアを念入りに行うことが出来れば治療も比較的簡単な内容で済ませることが出来ます。

初期の歯周病にみられる症状は

・口臭

・歯の根元が茶色く変色する

・歯茎が赤くはれる

などです。この時点なら歯茎についている歯石の膜を取り除き、その後の再付着を予防するケアで対応が可能です。

この場合の費用は歯茎や歯に直接塗布する市販の歯磨きシロップの購入に2000~3000円程度です。もちろん家庭での定期的な歯磨きには月々数百円程度の費用がかかります。

歯周病が進行してしまい

・不快な口臭がある

・歯の根元に固く石状に汚れが付着している

・歯垢と歯の表面に段差がある

・歯の根元が緑色に変色している

という場合は家庭での歯磨きだけでは改善を目指せません。

愛犬に全身麻酔をかけ、歯の表面を専用の器具で削りとる処置が必要です。この場合の費用相場は小型犬の場合、25000~35000円ほどです。愛犬の年齢、体調、口内の状態によって費用は前後するでしょう。

さらに症状が進行してしまい

・日々の食事に支障がある

・歯がぐらぐらとしている

・痛みがある

という場合は、歯の再生が不可能な事、今後のさらなる悪化を防ぐために抜歯という選択をすることがあります。この場合も全身麻酔が必要になり、費用相場は50000~80000円ほどかかります。

この場合、抜歯処置後の口内のトラブルを予防するために飲み薬が処方されることがあります。ただいずれの場合も動物病院での処置は現状の問題をリセットするためのものです。

一旦リセットをしても、その後の食生活や生活習慣が改善されなければ再度の口内トラブルの発症にもつながります。

特別な処置を何度も繰り返すと、麻酔への危険性も高まるので、今後の家庭でのケアについてしっかりと考えることが大切です。

歯周病の治療にかかる期間は?

実は歯周病は一旦発症してしまうと完治という表現が難しい症状です。

動物病院で高度な処置を受け、一時的に歯垢や歯石を取り除くことが出来ても、あくまでも一時的な処置であることをしっかりと受け止める必要があります。

歯の表面についている歯垢や歯石を取り除く、抗生物質で口内の状態を改善しても、一旦歯茎と歯の間に出来てしまった隙間や溝は埋めることが出来ません。

この溝には今後も食べもののカスや雑菌が蓄積されてゆきます。つまり治療は終わってもその後の予防ケアは生涯続ける必要があるという事です。

犬にとって自分の歯がしっかりと生え揃っていること、自力で食事が出来ることは健康を維持すること、長きをするためにはとても大きな意味があります。

歯にトラブルを抱えているからといって、安易に缶詰やウエットフードを主食にするだけでは根本的な解決にはつながりません。歯周病は治療よりも予防が重要だと言われる病気です。

これからは愛犬の口内環境にも十分に目を配ってあげましょう。

歯周病を放置してしまうと?

不快な口臭や歯の汚れに気が付いてはいてもつい軽視してしまう方もいるでしょう。

でも口内トラブルは目に見えないうちに進行しています。歯と歯茎の間の溝にたまった汚れや食べかすはやがて雑菌になり、雑菌は歯茎や頬、骨にまで浸食してゆきます。

愛犬が痛みを訴えたり、硬い物を食べることを躊躇する仕草を見せるようになる時点ではもう深刻な状態にまで悪化しています。増殖した雑菌は歯茎を弱らせ、歯をさせきれなくなるだけでなく、炎症や痛みを起こし、さらに悪化すると顎の骨までも弱らせてしまいます。

歯周病は日々のお手入れや食生活の見直しで予防し改善することが出来る病気です。悪化してしまい、手遅れになってから対処法を講じるのでは選ぶことの出来る選択肢も限られてしまいます。

一日も早く症状を発見し、お手入れを始め、適切な処置を施せば、愛犬の口内のための選択肢も増やすことが出来ます。

愛犬が高齢になってからも元気に生活をして、自力で食事をすること、痛みを抱えずに暮らすことが当たり前になるように、健康な今のうちから歯周病の対策を始めてあげましょう。

すでに症状が進行している場合でもあきらめずにまずは動物病院に相談をしましょう。今からでもできる歯周病の対策法が必ず見つかるはずです。

歯周病には一日も早く治療を始めることが何より大切なことです。愛犬を思うがこそ心がけてあげましょう。

投稿者プロフィール

YUKIYO OHTANI
YUKIYO OHTANI
ペット業界キャリア25年以上。生体販売、トリミング、トレーニングと幅広い経験があり、国内最大手のペット関連企業本部企画業務を10年担当。ペット関連雑誌、サイトへの執筆実績も多数。資格は、トリマー、トレーナー、アロマセラピスト他、幅広く保有。現在は、ペット業界の求職者に向け執筆活動中。

この記事をシェアする