歯石を予防するための毎日のケア

この記事をシェアする

愛犬の歯石を予防するにはどんな方法が効果的?

飼い主さんなら誰もが気になることでしょう。

歯ブラシ?ガーゼ?ガム?おもちゃ?きちんと予防してあげたいからこそ気になるところです。

歯石予防にはいくつかの方法があるので、ここではそれぞれの方法と向いている愛犬のタイプをご説明させていただきます。

歯ブラシは意外にも上級者向け

歯ブラシに歯磨き粉をつけ歯をしっかりと磨き上げる方法は最も効果的な方法です。

口内の状態を確実に把握出来る上に、愛犬のしつけ、コミュニケーションという意味でも大変素晴らしいことです。でもこの方法は愛犬に歯ブラシの感触や刺激を受け入れてもらうという必要性があるので中には、怖がり、緊張し嫌がることもあります。

いきなり歯ブラシを受け入れることが難しい場合でも最初は歯ブラシを噛み遊ぶ感覚から練習を重ねてゆくと徐々に受け入れてくれるようになります。

もし愛犬が嫌がる場合でも決して叱らず、押さえつけず、まずは中断してあげましょう。

叱られる経験を重ねると次第に歯磨き自体を嫌がるようになるので注意が必要です。

初心者にはガーゼがおすすめ

歯磨き初心者の場合は指に巻き付け使用するガーゼがおすすめです。

ガーゼに犬の好むフレーバー付きの歯磨き粉を付けると、オヤツと捉え進んで歯磨きをさせてくれることもあります。またガーゼ越しに飼い主さんの臭いを感じることができるので、たとえ口内を触られてもさほど嫌がり、恐怖を感じずに済む点もガーゼのメリットです。

ただガーゼの場合、口内の細かな溝にまでガーゼが行き届かないという課題が残ります。

ガーゼは初心者向け、歯磨きという習慣を理解させるためと考えておきましょう。

ガーゼで歯磨きに慣れてきたら歯ブラシの使用も取り入れ、歯と歯の隙間や歯と歯茎の溝、奥歯の溝という細かな部分まで磨き上げることが出来るよう目指しましょう。

小型犬は小まめにガムを与える

小型犬の顎の歯は想像以上にもろく繊細な構造で出来ています。

そのため歯垢や歯石が付着し症状が進行すると雑菌が原因になり顎の骨がもろくなり、骨折をすることもあります。しかし小型犬の口内は大変狭く、市販のペット用歯ブラシでも奥までは届かないほどです。

当然ガーゼでも無理です。

このような場合、定期的な歯ブラシ習慣を継続することはもちろんですがオヤツとしてガムを与え、唾液の分泌を促すこともぜひ並行してあげたい方法です。

ガムを噛むことで唾液が分泌されれば歯の表面や口内の洗浄が出来ます。奥歯や歯の隙間にまで唾液がいきわたり、飼い主ではお手入れが行き届かない部分のケアが出来ます。

ただ小型犬は顎が細く、弱いこともあって長時間ガムを噛み続けること、硬いガムを噛むことが苦手な場合やすぐに飽きてしまうこともあります。

このような場合はガムに少量の歯磨き粉を付けて与えましょう。歯磨き粉はチキンやチーズなどの小型犬が好むフレーバー付きの物をお勧めします。

風味で小型犬の関心をひくことで進んでガムを噛んでくれるよう促しましょう。

高齢犬には負担の少ないシロップもおすすめ

口内トラブルがより深刻さを増すのは愛犬が高齢になってからです。

高齢になると様々な不調や持病の悪化もあり、歯の治療を最優先に考えることが出来ないケースもあります。

重度の歯石や歯垢の除去には全身麻酔をかけ、歯の表面を削るという方法もありますが、高齢犬の場合、この麻酔が命の危険をもたらすこともあります。

麻酔を施さない無麻酔での歯垢、歯石除去も可能ですが、不慣れな担当者が行ったり、自宅で安易に行った場合、誤って顎の骨にダメージを与えてしまったり、健康な歯までも傷つけてしまうことがあるので大変危険です。

歯垢や歯石により歯のダメージが大きい場合、抜歯という選択肢もありますが歯を抜く歯並び全体のバランスが乱れてしまい、かえって痛みや不調を感じやすくなります。

様々な課題が残る高齢犬には歯や顎を直接刺激せずに済むシロップ式の歯磨きがおすすめです。

この方法は上唇を軽くめくり歯の根元に専用シロップを滴下したり、日々の飲み水に歯磨き成分配合のシロップを混入するだけととても簡単です。

歯垢や歯石を解かしだしケアをする方法なので刺激が少ない分、効果が出るまでに時間がかかることがデメリットです。

食事やオヤツは添加物の配合のない良質な製品を

歯垢や歯石の原因はその大半が日々の食生活にあります。

口内トラブルの予防にはまずは今の食生活を見直すことから始めてあげましょう。

ドッグフードを購入する時はパッケージ記載の原材料表示を確認しましょう。

ただあまりにも品数が多く、続々と新商品が登場するドッグフード売り場の中で愛犬に安心して与えることの出来る製品を選び出すことは至難の業です。

そのような時は

・好ましくない成分

・歯垢や歯石の原因となりやすい成分

・危険性の高いとされる成分

を把握しておくことで、消去法的に考えるとスムーズに製品を選ぶことが出来るでしょう。

投稿者プロフィール

YUKIYO OHTANI
YUKIYO OHTANI
ペット業界キャリア25年以上。生体販売、トリミング、トレーニングと幅広い経験があり、国内最大手のペット関連企業本部企画業務を10年担当。ペット関連雑誌、サイトへの執筆実績も多数。資格は、トリマー、トレーナー、アロマセラピスト他、幅広く保有。現在は、ペット業界の求職者に向け執筆活動中。

この記事をシェアする