愛犬の歯石の放置で起こる様々な不調

  • カテゴリ:犬の歯石対策
  • タグ:歯石の放置

この記事をシェアする

単なる虫歯、口内トラブルを考えていた歯垢や歯石が想像以上のトラブルを引き起こすことがあります。

歯は一旦トラブルを抱えてしまうと治療が大変困難です。人間の歯の治療とはまるで手法が異なります。手の施しようがないと診断された場合は全ての歯を抜くという結論さえ出さなければなりません。

歯の治療を優先することで、他の臓器に問題が起こることもあるので治療にはセカンドオピニオンを積極的に取り入れてあげましょう。

抜歯後に起こる呼吸器のトラブル

歯垢や歯石の付着が大変深刻な場合、重度の歯周病を患っている場合、高齢な場合に全ての歯を抜くという治療法を用いるケースがあります。

歯垢や歯石は一旦は全身麻酔をかけ取り除くことが出来ても、再発するケースが多い上に、トラブルを抱えた歯を残したままにすることで新たなトラブルが起こることもあります。

治療法としては一般的な手法ですが、飼い主にとっては大変ショッキングな結論となるでしょう。この治療法は歯という観点からは適切だといえる方法ですが、実は後日呼吸器にトラブルを起こすこともあることを知っておきましょう。

犬の歯を全て抜くということは舌が常に出た状態になるということでもあります。舌が出つつけてしまうと、舌の先端が乾燥し雑菌に感染するリスクが高まります。

その上、口が常に半開きな状態になるので、気管支や肺にも雑菌が侵入するリスクが高くなります。生まれつき気管の弱い小型犬や呼吸器が衰え始めている高齢犬にとってこの状態はあまりにも過酷です。

万が一、不調が現れても予防法や対処法を講じることも出来ないので、服薬での対処となるでしょう。

歯の治療が思わぬトラブルを引き起こすという事はあらかじめ理解したうえで、治療の決断を下しましょう。

歯茎で咀嚼することで起こる歯周病

歯を全て抜いた場合、一部を抜いた場合、日々の食事では歯茎に直接食べ物が当たることになるでしょう。

本来は歯茎は歯で保護されているはずですから、剥き出しになることで当然刺激を受け痛みや腫れ、炎症を起こすこともあります。一見普段通りに食事をしているように見えていても、実は痛みを抱えている場合もあるのです。

また明らかに不調がある場合でも抗生物質の服用で痛みや化膿を軽減することはできても、歯茎を根本から保護する方法はありません。刺激を受け弱ってしまった歯茎は、さらに歯周病のリスクが高くなるので口内は悪循環が続きます。

この問題を解決するためにと歯茎にダメージのかからないウエットフードや半生フードを主食とした場合、今度は添加物による歯垢や歯石の付着という問題が生じます。

この解決策の見えない問題はなかなか難しく動物病院の獣医師と十分に相談し対策を講じてゆきましょう。

食事はできるものの消化不良が慢性化するケースも

歯が痛い、歯茎が痛い、口内炎があるなど不調を抱えている場合でも犬は目の前に食べ物を置かれればその習性から食べ残すことなく完食をするでしょう。

この習性もまた愛犬の口内トラブルの発見を遅らせる1つの原因でもあります。ただ十分に咀嚼をせずに丸飲みしている場合、勢いよく食べすぎてしまっている場合などは消化不良が起こることもあります。

飼い主の目線からは原因不明な消化不良、下痢と思える症状も実は口内トラブルが原因ということもあります。

愛犬の不調に気が付いた時はまずはその原因の究明に努めてあげましょう。

心臓にまでダメージをもたらすこともある口内の雑菌

犬も心臓疾患を抱え、突然死してしまう事があります。

ただ大抵の場合、心臓疾患と口内トラブルはなかなか結び付かないでしょう。口内は雑菌の繁殖に大変適しています。適度な温度、湿り気があるので雑菌は増殖する一方です。

この雑菌は口内から気管や食道を通じて体内の隅々にまで移動することが出来ます。もちろんいきなり心臓に達するわけではありません。でも何等かのきっかけで心臓にまで達してしまった時には悲しい結末を迎えます。

雑菌の侵入による不調は日々体内で進行しているにも関わらず外見からはその程度を把握することが出来ません。他疾患の様に目に見える症状がないからこそ恐ろしい病気なのです。

愛犬の歯垢や歯石、口臭を単なる不快なものと軽視して放置してしまうと、気が付いた時には治療が難しいと言われるまでに悪化していることもあります。提示される治療法の選択肢が限られてしまうこともあります。

場合によっては飼い主として受け入れきれない治療法した残されていないこともあり得ます。

愛犬の健康、長生きを第一に考える上では、

・日ごろから定期的に歯磨きを習慣化すること

・動物病院で今の状態を確認してもらうこと

・今後のお手入れ法について指導を受けること

・獣医師の指導のもとで食生活の改善に取り組むこと

をお勧めします。

口内のお手入れ、治療は早期対処が何より望ましいです。

一日も早くお手入れ、治療に取り組んであげましょう。

投稿者プロフィール

YUKIYO OHTANI
YUKIYO OHTANI
ペット業界キャリア25年以上。生体販売、トリミング、トレーニングと幅広い経験があり、国内最大手のペット関連企業本部企画業務を10年担当。ペット関連雑誌、サイトへの執筆実績も多数。資格は、トリマー、トレーナー、アロマセラピスト他、幅広く保有。現在は、ペット業界の求職者に向け執筆活動中。

この記事をシェアする